早起きは

0

    ご無沙汰しておりました。

    転勤後の生活ですが、通勤時間が1時間半のため、朝5時に起きて、定時に終わっても夜7時帰宅という生活です。

    そしてなかなかにブラックな職務なので、週3回くらいは夜9時とか10時とかに帰宅です。(残業手当はちゃんと出ますよ)

    でもまあ、今まで私の専門分野を真剣に突き詰めた人間がいなかったらしく、後輩を始め、先輩方まで、やる気に溢れて指導を請うてくるので、やりがいはあります。

    心配していた人間関係も、私も含め3人も同じ部署で人間が入れ替わったので、だいぶ良い方に変わったみたいです。

    平日の子育ては家人に丸投げ……かわりに休日は家族サービスを心掛けています。

    そんな中でアスカガをぽちぽち書きためていますので、更新が間遠になっているのはお許し下さい。

    お寺パロは「地が固まって」きたところでそろそろ「転」がきます。

    色々伏線を張っているので、徐々に回収していきますね。

    アンソロの原稿も承っているので、そろそろ始動しないとな〜何書こう。

     

    ではでは。

     

     


    また転勤ですってよ

    0

      いやあ、転勤族って自負しているし、実際今のところもそんなに長くいられるとも思ってなかったけれども。

      次に声が掛かるとしたら自分もランキングに入っているかなとも思ったけれども。

      他の部署から借り受けていた私のポストが「急だけれど4月から返してね」になったらしく、急遽転勤が決まりました。

      まあこの年でヒラに戻ってまで居続けるのも自分も周りも辛いしねー。

      ただ転勤先が、今のところもまあまあ忙しいけれど(だからアスカガイベントひとつも行けてない……)、さらに輪を掛けて忙しいところで、そのせいか支店の中でも「人間関係が最悪」で有名なところで、そんなところでわたくしやっていけるの……?とかなり不安・ブルーになっています。

       

      今回の更新は、本当はもっとキリのいいところまで書きたかったけれど、そうなるといつまでも更新できそうにないので、景気づけに書けたところまで。

      クリスマスに合わせられたら良かったけれど、暦に追い越されてしまいました(苦笑

      3月までに更新できるところまではしたいと思っています。

       

      ではでは。


      追いつかれた

      0

        「追いつかれた」と打とうとして、「お」をパソコンで入力したら、推測変換で「お忙しいところ申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。」と出てきて、仕事漬けになっていることを思い知らされました。

         

        前回から一ヶ月経たない更新ですが、仕事が暇になったわけでも調子がいいわけでもありません。

        実はお盆休みにここまで書いていたという。

        では何故今、更新したかというと、裏を書こうと四苦八苦していたから。

        結局思うように書けず、アスランさんの「ダイジェスト回想」バージョンでお送りしました。

        調子が悪いのか、それとも相手がお坊さんだと思うから、無意識にリミッターが掛かって書けないのか……

        ここまでくると、季節に追いついたのではなく、追いつかれたとも言えるな(笑

        展開はここまで割とスムーズに来たようですが、まだ終わりじゃありません。ぽこたですからwww

        って書いたら、だいたいどんなふうになるか、想像がつくのではと。

        でも他の話に比べたらフラットですよ。……きっと。

         


        鋼鉄のたわし

        0

          ご無沙汰しておりました、ぽこたです。

           

          何つーか……リアルがマジで忙しくて、同僚に「心臓が鋼鉄のたわしでできている」と評されるくらい周りからはメンタル強めに見えるそうですが、4月末から最近まで擦り切れたぼろ雑巾のようになっていました。

          しかもこれまで持病なんてなかったのに、ストレスからか喘息になってしまうし。まだ初期で幸いでした。

          近況報告もできるのはちょっと復活してきた兆しですかね。

           

          今年はSEED関連で色々イベントが予定されているようですが、残念ながらどれも不参加です。

          仕事が忙しくて創作活動が滞りがち、というのもありますし、ただでさえ仕事が忙しくて家族に負担掛けているのに、遊びに休日関東界隈まで出掛けますなんて言ったら確実に殺されます。

          「私の屍を越えてゆけ」(あくまで皮肉で)とか本気で言われそう。

           

          えー……、お寺パロが月1回どころか2ヶ月に一度ペースになっていて、あと数回更新するうちにきっと季節が追いつくのではないかと。

          のんびりまったりしていますが、そのうち盛り上がる……はず。

           

          ではでは。

           


          今年の抱負……?

          0

            明けましておめでとうございます。

            今年もマイペース更新の「PERFECT CRIME」を何卒よろしくお願いいたします。

             

            ブログを書こうとしたらちょうど「こんなん書け」的に管理ページのヘッドラインに出てきたのが「今年の抱負」。

            ……とりあえず現状維持でしょうか。(いい意味で)

            いきなり消失したり、無断欠席状態にならないように。

            そのためには繰り返しにはなりますが、やっぱりマイペースが大事なのかと。

            更新する為に書くのではなくて、「書く気になった時に書く」を心掛けています。

            昔の如く泉のようにアスカガ妄想が湧いて出なくなっているって事ももちろんあるんですが。

            (でもアスカガ愛は消えていません)

             

            さて連載中のお寺パロですが、いつもながらあちゃーなところで切ってしまっていてすみません。

            続きの展開は決まっているのですが、何だか上手く描写できなくて、気持ちを切り替える為に敢えて書けたところまで出しました。

            一旦落として持ち上げるっていうのはもう「PERFECT CRIME」のお家芸になってしまっているので諦めてやって下さい(笑

             

             

            ではでは。

             


            お寺パロ

            0

              お寺パロって言うのか僧侶(坊主)パロって言うのか、しっくりくる言い方がまだ見つからないんですが、これどこに向かうんですか的な感じで始めた新連載。

              パルさんの坊さんアスランを見た後に、お香屋さんの前を通ってふと思いついた感じ。

              自分でも想像はしていましたが、全 然 甘 く な ら な い。

              もともとお坊さんって、なんか禁欲的なイメージが……ないですか?

              いやお寺関係のお仕事の方も、その辺は一般人と何ら変わらないのはわかっているんですが、お経読みながら変なこと考えられないっていうのが私の中ではあるので。(ガチで仏教徒なので)

              どんなふうに進展させるのかまでは実はまだ白紙なので、思いついた時更新という形です。

               

               

              ではでは。

               


              夏休み子ちゃん〜

              0

                おーい、もう行ってしまうのかい?

                夏休み子ちゃーん。

                 

                もっと遊びたかったよという寂寥であったならよかったんですが。

                子供の宿題間に合わへん、という嘆きであります。

                 

                そんな呟きはさておき。

                通販で新刊のご注文、ありがとうございます。

                約7年前に初めてオフライン本を作った時に、某同人誌通販サイトに申し込んで断られて以来、断られた理由が非公開なので再チャレンジする気も起きず、ずっと自家通販できておりまして、クレジット使えないなどご不便をお掛けしまして恐縮です。

                当たり前のことですが、個人情報については通販の業務連絡や発送以外に利用することはございません。

                「この世の時間すべて」残3部、「Last Rose」が残6部となっておりますので、ご購入希望の方はお早めにお願い致します。

                 

                イベントの告知で触れそびれていましたが、プチオンリーのアンソロにも寄稿させていただいております。

                パロばかりで申し訳ありませんが、楽しんでいただけましたら幸いです。

                まず読んだ方は冒頭で「???」となったと思うのですが、実は冒頭の部分でページの順番が入れ替わっておりまして、正しくは29P→30P→28Pの順となっております。

                詳細につきましてはアンソロ販売告知サイト

                 http://r_cist.web.fc2.com/o-saka/top-ai.html

                の「記念アンソロジーについてのお知らせとお詫び」を参照ください。

                 

                ではでは。

                 

                 

                 

                 


                まずはお礼と次にお詫びを。

                0

                  スパコミ関西、お声かけ下さった方、ご購入下さった方、差し入れ下さった方、ありがとうございました。

                  まったりとした雰囲気の中、私自身もプチオンリーを楽しませて頂きました。

                  年々、アスカガサークルさんが減っていく中、サークル参加は初めましての方もいたりして、こうしてまだまだやっていけたらなあってしみじみと思いました。

                   

                  次にお詫びです。

                  今回発行した新刊の中に誤字脱字があるのはまあいつものことなんですが、

                  一箇所雰囲気台無しの文字抜けがあったので、シールで修正させて頂きました。

                  (一般的に誤字脱字の訂正は紙を挟むかシールを貼るかの対応に分けられる旨は事前に調べました)

                  シールで修正してある方がより雰囲気ぶち壊しなのか測りかねたんですが、悩んだ末。

                  具体的には62ページの下段8行目 文末 なりた。」→ なりたい。」 です。

                  見苦しくて大変申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

                   

                  あと、今回販促用のポスターを作ってみたのでここに貼り貼り。

                  字が小さいけど読めますかね?

                   

                   

                  ご購入の参考になれば幸いです。

                   

                  このブログをアップした後、通販サイトも開通させる予定です。

                  サーバーが今年に入って以前の通販サイトを廃止してしまったので、以前とは別サイトになっていますので、ご承知置き下さいますようお願い致します。

                  また、リアルもぼちぼち忙しいので、新刊が売り切れる前に1-2週間で一旦通販サイトとのリンクは切るかもしれません。

                  その場合はあしからずご了承ください。

                   

                   

                  ではでは。

                   

                   

                   

                   


                  8/21 のこと。

                  0

                    またまた間が開いてしまいました。

                    何をやっていたかというと、「オーブに愛を咲かせましょう」記念アンソロと個人誌の原稿です。

                     

                    今回は「P & P」というパルビンコさんとの合同スペースで参加します。

                    新刊は

                    「Serendipity」 A5 100P R18  ¥1,000

                     

                    セレンディピティーと読みます。

                    アスラン 音楽ユニット出身のマルチタレント × カガリ 人気ファッションモデル

                    ってなところでしょうか。

                    イメージはジャ○ーズ事務所です。社長はもちろんあの人。

                    アスカガは色んなイチャイチャをしつつ、相変わらずすれ違っています。

                    アスランの空回りっぷりを楽しく書きました。

                     

                    あとは既刊の

                    ・人魚の恋

                    ・運命の女

                    ・この世の時間すべて(下)(ご購入の方で(上)をお持ち出ない方は(上)(コピー本ですが)200円でお譲りします)

                    ・Last Rose(R18)

                    を持って行きます。

                    ご購入希望の方はよろしくお願いいたします。

                     

                    ではでは。

                     

                     


                    After a long time.

                    0
                      「超」が付くほどお久しぶりです。
                      ご無沙汰しておりました。ぽこたです。


                      気がつくと1年近く、アスカガから遠ざかっておりました。
                      思えば、長男の中学受験に本腰を入れ始めたのが、前回更新前後。
                      本気で取り組ませれば取り組ませるほど、当の本人が反抗し始めて、修羅場が何度もありました。
                      「反抗期」って、親の庇護を抜け出して、大人になるために必要な過程だっていうけど、本当ですね。
                      それまでどんな習いごとでも、どんなハードスケジュールでも親の言うなりになって、黙々と通っていた息子が、6年生の夏頃から急に「勉強したくない」「一生無職でいい」と言うようになったです。
                      そんなに受験が嫌なら無理矢理やらせることはないんじゃないのって、何度も思いましたが、それでも「ここまで積み上げてきたものをここで投げ出させたら、困難に直面したときに逃げる癖が付く」と、親子とも崖っぷちに踏みとどまって、なんとか走りきりました。
                      当然、勉強から逃げ回っていた息子の成績は急降下。
                      それまで書いていた志望校が、どれもD判定の嵐。
                      しかし、志望校を偏差値に合わせて変更はしませんでした。本人が受けたいところを受けさせました。
                      それがよかったのでしょう、12月になってようやく逃げるのを止めて受験と向き合い始めた長男。
                      直前特訓でぐいぐい伸びたのか、受験シーズンが開始すると、熱を出して受けられなかったところ以外はすべて「合格」を出してくれました。
                      特に第一志望は前日から急性胃腸炎で熱を出して、吐きまくっていて、当日まさかの別室受験。
                      親の私も、絶対落ちていると思ったので、合格発表を見たときはマジ泣きしました。
                      本人曰く、周りに誰もいず、自分のことだけに集中できたのがかえって良かったそうです。
                      (もちろん休み時間も知り合いと誰とも会わなかったので、答え合わせで落ち込んで次の教科に響く…なんてことがなかったみたいです)

                      話は戻りますが、さすがに受験が終わるまでは、子供のことで頭がいっぱいで、アスカガのことを考えるキャパがありませんでした。
                      創作意欲って、生活と心に余裕があっての物種なのだなって実感しました。
                      受験が終わって、さあ更新ってパソコンに向かったのはいいんですが、勘が鈍っているのか、今度は一行も進まない。
                      ようやく文章が進んだのが、昨日のこと。
                      更新してみて気づくと実は明後日でサーバー契約期限切れで、危うくサイト閉鎖の危機でした。

                      しかし。


                      ラストなのに、甘さの欠片もなくてすみません。


                      いちゃいちゃさせ始めると、むしろどこで終わっていいのかわからなくなるので、原点の花火大会に戻って自然体で終わらせました。
                      「五月雨」の方の最終話から先に読んで頂くと、さらに味わいが増すかもしれません。
                      ところで「脱いだらすごいんです」というのは本当は「私、脱いでもすごいんです」という某有名エステサロンの昔のCMをもじったものでした。
                      歳がバレるネタです(笑

                      リアル生活もそこそこ忙しくてなかなか文章を書く時間が取れず、しかも次何を書くかまだ未定ですが、気が向いたらたまーに覗いてみて下さい。


                      ではでは。

                       


                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>

                      twitter

                      selected entries

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM